技術で信頼にお答えする
協栄塗工株式会社

フリーダイヤル:0120-315-337

ホーム 上へ 目次 お問い合わせ 最終更新日:2002.9.1

2002.7月号

見積分析(価格)

〜適正価格を知る〜

数社から見積を取ってみると、金額に大きなばらつきがあり混乱してしまうことがあります。どの見積が妥当な金額なのか、安いのはいいが不安など判断に迷ってしまいます。

まず最初に行うことは、6月号で記載してある様に見積書の中身を良く確認する事です。見積範囲・仕様・数量・工法の違いにより合計金額は変わってきますので、項目をチェックしてください。

次に項目に対する単価、通常はu・m等における単価が記載されているはずです。
例えば項目手摺に使用塗料名を使用した場合mあたり@・・・といったようにです。
この単価が適正価格であるのか1つずつチェックします。
適正価格の判断基準資料の1つとして、当HPに塗料メ−カ−の設計価格を載せてありますが、通常はメ−カ−設計価格の数10%引きが目安です。

もう1つ私が薦めたい適正価格を知る方法として、自分で塗ってみる事です。
危険な所や難しい所は避けて、自分でできそうなところ、例えば門扉を塗ってみます。塗料を購入し自分で塗ってみて、見積金額の金額が妥当であるか判断できると思います。
もちろんプロと素人の違いはありますが、自分なりの基準ができるのではないでしょうか。

 
戻る ホーム 上へ 進む
この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、お問い合わせのページに記入いただくか、
suda@kyoueitokou.jpまで電子メールでお送りください。
本HPは、IE5で確認しております。印刷される際には、文字サイズを「小」にしてください。
Copyright (C) 2001 協栄塗工株式会社