技術で信頼にお答えする
協栄塗工株式会社

フリーダイヤル:0120-315-337

ホーム 目次 お問い合わせ 最終更新日:2002.8.1

塗装方法

大きく分けて手作業による刷毛・ロ−ラ−による施工と、加圧機械による吹付施工に分けられます。

新築時には模様を付ける事から吹き付けが多く使われますが、塗り替え時には近隣配慮や塗料の進歩もありロ−ラ−による施工が主流となっております。

刷毛塗りの作業に比べ、ロ−ラ−の普及は作業効率に大幅な向上をもたらしました。同時に低技能でも作業をこなせるために、職人の技能低下を引き起こしている事も事実です。

ロ−ラ−性能が向上しても、刷毛塗り作業が塗装の基本です。
刷毛の使い方で職人の質、技量がわかります。

 

ローラーの大きさ


(左から9,7,6,4インチ)
ローラーの毛の長さ


(左から長毛、中毛、中長毛、短毛)
砂骨ローラー
パタ−ン付けロ−ラ−で
波形の模様を付ける。
(左から9,6,4インチコ−ナ−用)

平刷毛
(ヒラバケ)

筋違刷毛
(スジカイバケ)
寸胴刷毛
(ズンドウバケ)

 
戻る ホーム 進む
この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、お問い合わせのページに記入いただくか、
suda@kyoueitokou.jpまで電子メールでお送りください。
本HPは、IE5で確認しております。印刷される際には、文字サイズを「小」にしてください。
Copyright (C) 2001 協栄塗工株式会社