技術で信頼にお答えする
協栄塗工株式会社

フリーダイヤル:0120-315-337

ホーム 上へ 目次 お問い合わせ 最終更新日:2002.8.1

ケレン

いわゆる下地調整で壁の不良個所の除去や鉄部の錆落としを言う

さび落としの基準とコスト

素地調整の程度 素地調整(さび落とし)後の状態 工具および工法 費用比較
u/指数
写真例

(1種ケレン)
古い塗膜、赤さび、黒さび(ミルスケール)を完全に取り、ピカピカした金属面とする。これをホワイトメタルとも呼ぶ。 サンドブラスト
ショットブラスト
などのブラスト法
20〜30
(量による違いが大きい)

(2種ケレン)
古い塗膜、さびを除去し、鉄肌をあらわす。塗膜が生きていて固着している場合は残す。 電動工具(サンダー)
ワイヤーブラシ
などの工具と併用
5〜7

(3種ケレン)
古い塗膜、さびを主に手工具で除去し鉄肌をあらわす。塗膜が生きていて固着している場合は残す。 電動工具(サンダー)
トンカチ、スケラ、
皮スキ、ワイヤーブラシ
などの併用
2〜3

(4種ケレン)
浮き上がった塗膜、ひどいさびをワイヤーブラシなどの手工具で落とし、清掃する。 ワイヤーブラシ
などの併用
未処理      

※S.I.S規格(スエーデン規格)、S.S.P.C規格(アメリカ規格)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。

 
戻る ホーム 上へ 進む
この Web サイトに関するご質問やご感想などについては、お問い合わせのページに記入いただくか、
suda@kyoueitokou.jpまで電子メールでお送りください。
本HPは、IE5で確認しております。印刷される際には、文字サイズを「小」にしてください。
Copyright (C) 2001 協栄塗工株式会社